【駒ヶ根の家】左官屋さんの仕事

2013.09.13

大工さんの仕事が無事終わり、各所の仕上げ工事に入っています。

ココから現場の主役は内・外壁と玄関、勝手口の土間をお願いしている左官屋さんへと移ります。

仕上げ材として今回もメインで採用している外壁は“高千穂シラス・そとん壁” 

それと一部サイディングの併用です。

ちなみに左官屋さん、“長野組”から派遣(笑)。

遠い所ご協力頂き、いつも本当に有難う御座います。

DSC_0009 DSC_0011 DSC_0015

写真は、下塗り前のシートと網貼りの様子。

前回の現場で外壁面の平米数を僕が計算間違えたせいで(ホントスミマセンでした…)下塗り材の在庫を抱えさせてしまってたんですが、今回、割と間を開けずに使ってもらう事が出来て、ほんとホッとしています…(汗)その節はご迷惑をお掛けしました…。

今後下塗り~上塗りとしてから、室内の壁に移っていきます。

一覧へ戻る