【駒ヶ根の家】大工さんの仕事②

2013.08.23

お盆休みを挟んだ関係で、現場レポートの更新がしばらく空いてしまいましたが

その後も、工事は順調に進み、少しづつ家の中も“家らしく”なってきました。

各箇所の壁のボードが貼られ始めて、図面で見ていたスケール感が

実際に目で見える様になりはじめました。

やはりこうなってくると、部屋も部屋っぽい感じがしますね。

DSC_0031 DSC_0020 (4)

 

壁貼りと並行して、各箇所の造りつけの棚やカウンターも作って貰っています。

カウンター板を壁の下地に噛ませてガッチリさせたいので、壁貼りと並行で。

コレの他にもまだ何個か有るんですが、きれいに仕上げて頂きました。

DSC_0010 (5) DSC_0017 (2)

ちなみに、今回は赤松の集成材(厚さ30ミリ)を使用。

 

連休前にはユニットバスとキッチンも無事に入りました。

DSC_0008 (3) DSC_0009 (3)

キッチンに関しては、取付の日に現場に行く事が出来ず、

作業している所は見れませんでした。

キッチン屋さん、ガチガチに養生していってくれたので、

養生ばらすのが勿体なくて、まだ中がどうなっているか僕も見ていません。

今回の物はカウンターの壁との取り合いとか無いので、特に問題なく仕上がってると思いますが

中の大工工事がもう少し落ち着いた頃に、養生取って確認してみようと思っています。

一覧へ戻る