【築50年の家・長野市・エコリフォーム】現場レポート⑤

2012.04.14

今週から大工さんが2人になりました。

特に週の前半は天気が良い日が続いた事もあり

作業スピードもかなり上がって来ました。

週の前半は、先週からの続きの屋内作業をしていましたが

いよいよ外回りの作業に入りましたのでご報告を。

今回のK邸の場合、既存の壁が土壁。

(白くなってる部分は外壁の仕上げで塗られていた漆喰)

IMG_1894

残せる部分の土壁はそのまま残し、

その上から高気密・高断熱の仕様に仕上げます。

IMG_1902

通気胴縁(縦方向に入ってる木材)を

建物外周に打ち付け、通気層を設けます。

そこに弊社では「サーモプライ」という材料を使用して気密を取っています。

写真ではまだですが、

継ぎ目の部分全てに気密テープを張り、これで高気密化。

更にこの上に断熱材を貼って行くのですが、

その辺はまた来週の仕事になりました。

木曜日には1階部分の屋根板金の撤去作業も完了して、

いよいよ雨との真剣勝負になって来ましたが

早速土曜日には雨が降るという仕打ち(涙)。

IMG_1886

当然、屋根にはシートを掛けていましたから

何とか最小限の被害に押えましたが

屋根・外壁絡みの作業は本当にタイミングが難しい・・・。

“他称”雨男(自覚なし)の苦悩はもう少し続きます・・・(笑)

とはいっても、雨だからと手をこまねいている訳には行きませんので、

ちょっとくらい雨が降ろうと進みます。

また来週も頑張ります。

一覧へ戻る