【ひのきの大黒柱と2間続きの和室がある家】屋根断熱。

2011.08.03

ご無沙汰致しました。

7月も終わり、いよいよ夏本番の8月に突入した訳ですが、皆様体調など崩されていませんでしょうか。

長野あたりですと、「アツイ、アツイ」と言ってもお盆を過ぎたあたりから急に涼しくなったりする事が有りますのでもう少しの辛抱なのですが、それでも暑い日は暑いですね・・・。

さて今回はMさんのお宅の屋根断熱のレポートです。

といっても、弊社で建てさせて頂く高気密・高断熱のお宅は基本的にはこれと同じ様な作りになりますので是非ご参考にして頂きたいと思います。

どちらかと言うと、この暑い夏場にこそ重要な屋根断熱の部分です。

まずはこんな感じで屋根を組みます。

IMG_0209

屋根の構造材までの施工が終わると〝気密材〟を貼ります。

手前に見えている「サーモプライ」と書かれた材料が〝気密材〟です。

弊社ではこの「サーモプライ」で高気密の状態にしています。

IMG_0255

上の写真で大工さんが貼ろうとしているのが、75㎜の〝断熱材〟です。

外断熱工法ですので、気密材より外側に。

ちなみにこれが断熱材1枚目。

1枚目の断熱材を貼り終わるとこんな感じ。

IMG_0261

写真※横方向に流した木に対して縦方向の木をとめ、その間に今度は55㎜の断熱材を入れます。

(これにより、断熱材の厚さ合計は130㎜)

IMG_0267

屋根下方向から見上げるとこんな感じ。

IMG_0259

木と断熱材の高さが合って無いのが気になった方はお目が高い(笑)

この隙間が20㎜の通気層になります。

先程の断熱層130㎜+この通気層20㎜の層になる訳です。

その上に野地板という、瓦を乗せる木材を敷いて行きます。

IMG_0265

最終的にはこういう感じの屋根になる訳です。

IMG_0273

断面部分はこんな感じ。

※横方向の木で1枚目の断熱材は見えて居ません。

IMG_0272

いかがでしたでしょうか。

何となく「断熱部分が厚いんだな」と思って頂けたら幸いですが、ココまでやっても正直、真夏の昼間は暑く、特に2階の部屋は更に暑くなってしまうと思います。

それはなぜか。対処方法は無いのか。

その辺のお話は8月6日に行われる弊社の『夏のセミナー』においで頂ければ詳しくお話出来ると思いますので、是非セミナーにご参加ください!

お待ちしております。

と、最後には宣伝も挟ませて貰いつつ(笑)

ブログは面白半分で書いてたりしますが、仕事は毎日マジメにやっています・・・。

一覧へ戻る