「地域型住宅」第2期補助金交付申請の受付が開始されました。

2012.10.15

平成24年度地域型住宅ブランド化事業の

信越地域「快適・安心 安らぎの家」に参加し8月の初旬に採択されました。

これは昨年度までの、長期優良住宅が今年度からこの様な形に変わりました。

これにより新築住宅において120万円の補助金が受けられます。

前回8月に有りましたが今回は第2回目に成ります。

地域型住宅ブランド化事業

地元工務店が関連する事業者と連携して、地域資源を活用しその地域の気候・風土にあった良質で特徴的な「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援し、木造住宅生産・維持管理体制の強化を図り、木材自給率の向上による森林・林業の再生等に寄与することを目的としています。

グループの要件

地域材を活用した木造の長期優良住宅の供給に取り組み、各種業者数社の構成員で取組む、個々の事業者は原則として元請の年間新築住宅供給戸数が50戸程度未満の住宅生産者であること。

補助対象の住宅

対象となる住宅は次の全ての要件を満たす、地域材等を活用する木造住宅を対象とします。

① 採択されたグループ毎の地域型住宅の共通ルール等(グループの採択時に指定する内容)に則して、グループの構成員である中小住宅生産者等により供給されるもの

② 長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づき、所管行政庁による長期優良住宅建築等計画の認定を受け、グループに対する採択通知発出後に着工するもの

補助金の額

地域材を活用した対象住宅の建設工事費の1割以内の額で、かつ対象住宅1戸当たり100万円を上限とします。また、柱・梁・桁・土台の過半において、「地域材」を使用する場合については、対象住宅の建設工事費の1割以内の額で、かつ対象住宅1戸当たり120万円を上限とします。

申込み期限      平成24年10月20日(期限厳守)

申請書類堤出期限  平成24年12月20日 

詳しいお問合せ・お申込みはこちら

一覧へ戻る