「今の季節は床下の温度の方が高い」とメール頂きました。

2015.11.09

昨日3年程前に地中熱住宅に改修工事をされました、

K様から有難いメールを頂きました。

まずはお読みください。

【お世話になります。
立冬を迎え、ますます寒くなりそうですが、皆様におかれましては、
如何お過ごしでしょうか。
我が家は、寒いといえど、いまだに無暖房で過ごせております。
実家の方は、寒い寒いと言いながら、ファンヒーターや炬燵を
出しているようですが。
先日、面白い温度のデーターが取れましたので、お送りします。
(地中熱ではこれが普通なのかもしれませんが)
11/5、朝7:00の温度データーです。
1Fリビング、床下、2Fホール、小屋裏に温度計を設置してあるのですが、
床下温度が最も高い状態でした。
昨年までは、常に床下温度が低かったのですが、時間の経過で床下温度が
安定したことを意味しているのでしょうか?
上 1階リビング  下 床下
上 2階ホール  下 小屋裏
他、ちびっこ対策と、国産唯一の100v蓄暖の写真もお送りしておきます。
蓄暖は、1F洋室が冬の間は一番温度が低い場所だったので、家内温度
の低い場所が無くす目的で入れて見ました。

意味がなければ、子供部屋行きと思っています。】

 

このK様はご自宅の施工前から熱心に研究をされる方で、弊社に初めていらした時から

お話をしていても、我々と同じ業界の人かと思う程でした。

地中熱住宅は10月~11月頃には、モデルハウスのデータでもこの様な現象が

起きていました。

この時期は、朝夕の冷え込みが結構ありますので、室温は外気の影響を受けてしまい

どうしても温度が下がります。床下は夏からの暖かい地熱が温度を保っている為に

影響を受けずこのような現象に成ります。

K様有難うございました。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

一覧へ戻る