「エコリフォーム研究会」で出会った、スーパーラジェントヒーターとは?

2012.07.12

7月11日(水)「エコリフォームセミナー」 のため、前日の午後から、パソコン、プロジェクターやら

何やらかんやら・・車に詰め込み東京に出かけました。

こんな時、車は本当にありがたいです。

このセミナーは、

全国で【エコリフォーム】に真剣に取り組む工務店さん達の勉強会です。

会場は、 東京国際フォーラム 6階 G604会議室。

DSCF3331

勉強会の内容は、他のスタッフからお知らせするとして、

私が一番興味を持ったのが、エムエフジー(株)

「スーパーラジエントヒーター」です。

この調理器具の最大の特徴は、(わたしが見たり聞いたりした範囲での説明です)

◆鍋を選ばないらしい。鍋底が平らなものでしたら、アルミ製品でもOK!。

特別にお鍋を新調しなくてもよい。

◆余熱料理ができてとっても経済的。

電源を切った後も、お鍋の中が沸騰している。

フライパンを持ち上げて炒めることもできるので、気分よくフライパンが使える。

遠赤外線で、鍋を温めて調理するのではなく食材を温めるので、分厚いハンバーグも焦がさず中まで火を通すことができるらしい。特に、揚げ物などは食材に油が吸い込まれる量が極端に少ない。

◆電磁波に弱い方に最適(ペースメーカー、補聴器使用の方、妊婦さん)なども安心して使用できる、とのこと。

◆酸性水をアルカリ質に替えるらしい。その実験をリトマス試験液で確認しました

DSCF3339左=焼酎・・黄色(酸性

中央=国際フォーラムの水(アルカリ性)

右=ラジェントヒーターで沸かしたもの(アルカリ性)

DSCF3337国際フォーラムの水を沸かし1~2分経ったところ。

電源をOFFにしても沸騰しています。

ガラスでも、お湯が沸くところがIHヒーターと違うところ。

DSCF3340焼酎の中に、沸かしさましのお湯を注ぐと・・・

DSCF3341酸性を示していた、焼酎がアルカリ性に

変わりました。

この調理機の一番すごいところかも知れません!!

毎日の食事担当の私としては、一番の驚きでした。

今まで、IHヒーターをお勧めしていたお客様、本当にごめんなさい・・。

IHヒーターは画期的な調理器具です。

スーパーラジェントヒーターがすごすぎるのかも知れません。

お鍋を買い替えなくていい、というのもとても嬉しいです。

ガラスポットの中のコーヒーもわざわざそれ用のヤカンに移して、沸かしなおさなくてもいいのです。

なにしろ、電源をONしてから、すぐ2~3秒でコンロがあっつくなるのです。

(立ち上りがものすごく早いです。)

毎日、炭火焼きのお肉や魚を食べられるのは、贅沢!

でも、このスーパーラジェントヒーターを使えば、毎日贅沢三昧なんですね。

価格も電気代もIHヒーターと比べて、さほど違いは無いようです。

私は、一度で虜になってしまいました。

研究者の方はすごいですね~~。

一覧へ戻る