☀太陽光発電、4,000kwh達成です。

2011.09.29

平成23年9月27日

夕方暗くなってから、「地中熱と太陽光の家」に温度データーをとりに行くと、

暗い中、家の中に赤く電気が灯っているのがみえました。

(最近は日中の太陽熱も遮る必要がなくなり、カーテンは締め切っていないので室内は見えます)

昨日電気を消し忘れたのかと思いましたが、そうじゃなくて、太陽光発電のモニターが何かお知らせ

したいことがあったようです。

スイッチを入れるといきなり、太陽光発電量4,000kwh達成と出て来しばらくして、消えました。

カメラに収めようとしたのですがだめでした。

発電量4,000kwhと言うことは、昨年の11月から開始したので11カ月弱で金額に換算すると≒

¥192,000になるということです。

勿論これは、発電量であって、そこから日中使用した分は差し引かれ、残った分が支払われてくる訳ですので全額入金にはなりませんが、それでもすごいですね!

DSCF1070太陽発電パネル取り付け工事中

残念なのは、今年の4月以降申請の場合は金額も1kwhあたり42円になってしまい(モデルハウスは48円)、この後来年、再来年と売電金額は下がり3年~5年後には買い電料金と売電料金は同額になるらしいとのことですが・・・

とにかく、長野市篠ノ井周辺はこれだけの発電量があると言うことなんですね。

太陽光パネルは (パナソニック製 3.36KW用) 年間予想発電量 3.954KWhとのことですので、

その予想をはるかに上回っていると言うことですよね。

やはり長野県の発電量は国内でもトップクラスなのが分かります。

DSCF1073真夏の施工はパネルが熱いのと太陽熱に照らされてクラクラしそうになる・・とのことです

DSCF1098モニターにはこのように表示されます

一覧へ戻る